fc2ブログ
10 月<< 2012年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 


大工長谷川です。

これは土台の継手です。

現在使われている一般的な継手の一つです。

写真は継手のメスの方です。
この材の上からオスの材がはまり一本の長い材料になります。

写真のマルの部分で抜けないように引っかかりを付けています。

以前、100年以上経った古い民家を解体した時にカマ継ぎを見ました。
そのカマ継ぎはメスの材が開いていて、オスも腐食して引っ張ると抜ける状態でした。

写真の矢印のメヂはメスの開きを止める役割を果たしています。

このメヂは家が歳をとればとるほど効いてくると思います。

手で刻むからこそできる一手間です。

完成したら見えなくなってしまうのですが…
スポンサーサイト



  • このエントリーのカテゴリ : 現場
 

プロフィール

trecasa1

Author:trecasa1
自然志向・本物志向